車の12カ月点検は高い!?

今日は自動車の十二か月定期点検についてお話ししたいと思います。十二か月定期点検というのは当然のことながら1年ごとにある点検です。新車をかってから1年目と2年目にあり、そして3年目は車検が来るので、次は4年目になります。車検と車検の間にある点検といってもいいでしょう。

この十二か月定期点検は、車検に比べればかなり安いですが、さらにその間に来る6ヶ月点検に比べると結構値段が高くなっています。十二か月定期点検は義務づけられているものの罰則がないため、実際には点検をしていないという人も結構います。

では、なぜ6ヶ月点検に比べて十二か月点検は値段がかなり高いのでしょうか?それは、ブレーキを分解して点検するからなんです。ブレーキは当然のことながら非常に重要な部品ですが、その分大変丈夫にできているため、1年に1回の点検でいいことになっています。この、ブレーキの分解作業が結構手間がかかるんです。それにブレーキの点検は失敗すると非常に危険なため、陸運局から認証を受けた工場でしか整理をすることができないんです。それも値段が高くなっている要因の1つでしょう。

車を安全に乗り、さらに長持ちさせるためには定期点検は非常に重要です。しっかりと受けなければなりません。
車売るならどこ

Both comments and pings are currently closed.
Powered by WordPress | best wordpress themes | Thanks to New WordPress Themes, WordPress Themes Directory and Themes Directory