バラエティにとんだパワーユニットが残ってほしい

時代はエコロジーなのでハイブリッド車や電気自動車が注目を浴びています。その証拠に、アクアやフィット、プリウスなどのハイブリッドカーが販売台数を伸ばしていますし、今後はミライなどの電気自動車なども登場してきます。おそらくこれからはこれらの車が主流になっていくのではないかと思いますが、水素やバイオディーゼルなどの開発もあり、電気自動車ばかりがエコロジー車ではありません。

ガソリンエンジンでもスカイアクティブなどのディーゼルの研究を続けているマツダのような企業もありますし、エンジン一つとっても電気動力の自動車一辺倒という感じにはならないと思います。一時的なものかもしれませんが、最近はガソリン価格も低下していますし、枯渇する可能性も数十年はないようなので、少なくとも今後10年程度は自動車の方向性もバラエティに富んでいたほうが面白いと感じます。

ハイブリッドだけになってしまうとそれはそれであまり面白みがないように感じます。

最近ではウェイクというでっかい軽自動車が発売されました。値引き情報などが出回っているので見てみてください。
http://antropologiaenaccion.com/

Both comments and pings are currently closed.
Powered by WordPress | best wordpress themes | Thanks to New WordPress Themes, WordPress Themes Directory and Themes Directory