冬のウォッシャー液

ウォッシャー液は通常水で薄めて使います。

容器のラベルに2:1に薄めて使うなどかいてあります。

しかし冬場に水で薄めて使うと、どうしても凍ります。ウォッシャー液が凍ると、冬は大変です。

車とすれ違うたびに、雪が解けた泥水をかけれれます。

気温が暖かくて解けたのではなく、融雪剤で解けた水なのです。

つまり塩水です。

車内は暖房でポカポカにしているので、窓はすぐに乾きます。

ワイパーを動かしてもは洗いきれません。

そうすると、融雪剤入りの泥水は窓にこびりつきます。

ウォッシャー液を出して洗い流そうとしますが、凍ているので出てきません。

とてもイライラする冬の北国の光景です。

 

冬場ウォッシャー液は水で薄めず原液を入れるに限ります。

原液を入れると凍る心配はありません。

ウォッシャー液を原液で入れると、ワイパーも長持ちします。

ワイパーのゴムは滑りがいいと劣化も遅くなります。

ワイパーを動かす度にギーギーいってるのは、交換時期です。

査定の時そのようなところも見られるかもしれません。

普段から気を付けていればそれだけ、扱いのいい車に思われます。

 

ガリバー 車 売却

Both comments and pings are currently closed.
Powered by WordPress | best wordpress themes | Thanks to New WordPress Themes, WordPress Themes Directory and Themes Directory