アルトターボ復活

スズキアルトが12月22日にモデルチェンジしました。

今回のアルトで8代目に突入です。

デザインは賛否両論があるようです。

ぱっと見た感じでは懐かしさを感じる形に見えます。

どこなく昭和の香りがします。

特に正目からの顔は凹凸がすくなく昔の車風です。

7代目アルトとはまったく違う形となりました。

スズキにはワゴンRをはじめラパンやMRワゴンなど軽自動車の車種がたくさんあるので、デザインでのすみわけをねらったのかと思いました。

先代のアルトエコは燃費が良く好評でしたが、新型は先代よりも60kgの軽量化に成功しています。

その分燃費も向上しています。最新の情報では、なんと10年ぶりにターボモデルが復活します。

グレードはRSターボとなるようです。

アルトのターボと聞くと、ついついアルトワークスを思い出しますが、実際のところ新型はどうなるのか気になります。

アルトワークスは軽自動車とはいえ、熱い車でした。

Keiワークスにチェンジするまで人気があったのを覚えています。

10年ぶりの復活楽しみです。

 

ビッグモーター 口コミ

Both comments and pings are currently closed.
Powered by WordPress | best wordpress themes | Thanks to New WordPress Themes, WordPress Themes Directory and Themes Directory