アクア

アクアは、低重心化や前後のヨー惰性モーメントを小さく抑える設計が
なされていて、応答遅れの少ないキビキビとしたハンドリングノーマルのままでも
意外にスポーティ。その走りは単なるコンパクトなエコカーにとどまらない印象で、

もともとアクアの性能は高く評価していた。アクアGsは、そんなアクアの
スポーティな側面をより引き出したクルマだ。そして今回、アクアのマイナーチェンジ
に伴い、アクアGsも各部がブラッシュアップされた。さっそく走りを着たする。ベース車は
マイナーチェンジでスポット溶接の打点が増やされていて、ボディ剛性が向上している。
Gsはその特徴にあわせて、スプリングとダンパーの設定が見直されている。
具体的には、ボディ合成の向上により足回りがさらによく動くようになり、リアのバネレート
を少し高めに変更した。同時にダンパーの減水力をわずかに下げている。それとバランスを図るべく
フロントは少しやわらかめに設定し、ダンパーの減衰力も少し下げたと言う。

SAI 値引き

Both comments and pings are currently closed.
Powered by WordPress | best wordpress themes | Thanks to New WordPress Themes, WordPress Themes Directory and Themes Directory