ステップワゴン

5ナンバーサイズのボディに2000ccエンジンを積んだ背の高いミニバンで、室内が広いヴォクシー
&ノアやセレナのライバル車に相当する。登場したのが2009年だが、低床プラットフォームの採用で
乗降性や走行安定性が優れている。車内が広く運転間隔が自然なミニバンを求めるユーザーにぴったりだ。
標準ボディに追加されたG-Eセレクションは、販売のてこ入れが目的とあって割安な価格設定だ。
アイドリングストップも付いて燃費には不満がない。エコカー前税に妥当。同六性能はいま一歩だが、
低床設計によって重心が下がり安定性は良い。3列目シートのすわり心地に不満を感じるが、車内は広く
居住性は旅行だ。ライバル車に比べて内装の質は見劣りする。視界と取り回しの感じは良い。機能や装備内容を
考えると、価格は割安に抑えられている。高機能なm二番で今でも選ぶ価値を感じるが2015年4月に
モデルチェンジ。現行の購入は見送ったほうがよいだろう。

軽自動車 値引き

Both comments and pings are currently closed.
Powered by WordPress | best wordpress themes | Thanks to New WordPress Themes, WordPress Themes Directory and Themes Directory