不要な自動車を売却するために必要な書類

生活スタイルが変わり、今までよく乗っていた車に乗らなくなってしまった。車が故障してしまい乗ることが出来なくなった。というような理由で、車が不要になってしまう事があります。このような時には車の売却を検討することになりますが、売却をする前に必要なことがいくつかあります。

まず車の名義は誰になっているでしょうか。実は今車を所有している人と車の名義人が異なる場合には、簡単に売却をすることが出来ません。車の売却は名義人でなければできないためです。名義変更を行うか委任状などが必要になってきます。

また売却に必要になる書類などがそろっていることも必要です。書類をそろえることが出来ないと車を売却することが出来ませんので、不要な車を売却するときには必ず書類を揃えるようにしましょう。

必要になる書類としては、印鑑証明書、自動車納税証明書、自賠責保険証明書、自動車検査証、譲渡証明書、委任状、車庫証明です。

もし自動車検査証に記載されている住所と住民票の住所が異なる場合には住民票も必要です。住民票にはひとつ前の住所が記載されていますが、その住所とも登録されている住所が異なる場合には、さらに除票なども必要になってきます。

Both comments and pings are currently closed.
Powered by WordPress | best wordpress themes | Thanks to New WordPress Themes, WordPress Themes Directory and Themes Directory