Archive for the ‘車種’ Category

トヨタのタンクの納期はどのくらい?気になる事実を解説します

ルーミー、タンク、トールの納期はどうなのでしょうか?
実は私もダイハツのトールの納期を聞いて驚きました。早ければ2~3週間ほど、遅くても1ヶ月ほどで納車になります、と言われたからです。
その後、トヨタのルーミーも見に行ったのですが、そこでトヨタの営業の方から、もしかしたら3ヶ月ほどかかるかもしれませんと言われました。 (さらに…)

緊急避難

道路上で警察に停められた経験があるだろうか。私は、不覚にも1度だけある。もちろん、こちらが悪いのでおとなしく従ったが。もし、のっぴきならない理由があったとしたら、道交法違反に問われることはないのだろうか。
(さらに…)

友人に自動車を購入して貰う方法

車を友達知人に買って貰う場合、知っている人だからという安易な考えは危険です。

やるべき手続きをしていなければ、お金を無駄に使うことにもなりかねません。

後から大きな問題とならないように名義変更などは大事な手続きなので漏れのないように終わらせておきましょう。

「そろそろ車を売りたいな」となった時、とにかく便利なのがオンラインの一括査定です。

ただ一括査定をすると、営業の電話がどんどん入ったり同じ様に営業メールも来るということは理解しておいてちょーだい。これを避けてたいなら着信拒否機能を活用できるよう電話番号は携帯のものだけを書き込んでおき、メール書き込み欄には捨てアドレスを入れておきます。くわえて、ネットの査定が済んで実物を見て貰う段階の査定でもいくつかの業者を使うのが高い査定額に繋がります。トヨタで人気がある車、アクアの特性を書こうと思います。

アクアの最も大きな魅力はその燃費の良いところです。
国土交通省によると、1Lで37.0kmが基準です。
排気量が1全世界トップレベルの水準といえるのです。

燃費を一番に考えると、快適に走れる優れた車をお探しなら、アクアが推奨されるはずです。 (さらに…)

カローラの人気の秘密

カローラといったらTOYOTAの代名詞といってよいくらい、ずっと、人気を集め続けている自動車なのです。トヨタカローラの特徴をあげてみるとよい燃費で経済性が高く、室内空間が広く、快適な乗り心地や、長時間乗っていても、疲れることがない安定走行、広い室内で使いやすいことなど、本当に便利な車なのです。

トヨタの人気車アクアの特徴を説明します。アクアの最も大きな魅力はその燃費が優れているところです。国土交通省の基準値では、1Lで37.0kmとなります。

排気量が1世界で一番の水準と言えるでしょう。燃費優先で、気もちよく走れる良い車をお捜しなら、アクアを御勧めします。

車を買取業者の査定に出したくなったら、査定は一社のみに任せずいくつかの業者に依頼し、車の中も外もきれいにし、必要書類はきちんと準備しておきましょう。

言うまでもないことですが、後々変に話が拗れたりすると困るので、修理歴や事故歴などについては隠さずに申告しておいてみて下さい。仮に業者の提示する金額に納得がいかないならもうそこでは売らず次に行きましょう。
車の売却を考えるなら、できるだけ高価格で買い取りを望むのが自然ですよね。

そのために、いくつかの業者の査定額を相場表を作ってくらべましょう。車を買い取ってもらう価格は、金額を出す業者で変わってきます。 (さらに…)

アルファードとヴェルファイアどっちを選ぶ?

アルファード/ヴェルファイアの新型が発売されました。何よりも目を引くのがそのちょっとヤンキーっぽいデザインです。アルファードのほうはでっかいグリルが目立ちますし、ヴェルファイアはごついフロントが魅力的です。

しかし面白いのはそれだけではありません。パワーユニットが改善されており、燃費性能やパワーがさらに強化されています。ただでさえ2トン近い超重量級ミニバンなのに、燃費性能は20km/リットル近いのだからびっくりですね。
(さらに…)

アルトターボ復活

スズキアルトが12月22日にモデルチェンジしました。

今回のアルトで8代目に突入です。 (さらに…)

バラエティにとんだパワーユニットが残ってほしい

時代はエコロジーなのでハイブリッド車や電気自動車が注目を浴びています。その証拠に、アクアやフィット、プリウスなどのハイブリッドカーが販売台数を伸ばしていますし、今後はミライなどの電気自動車なども登場してきます。おそらくこれからはこれらの車が主流になっていくのではないかと思いますが、水素やバイオディーゼルなどの開発もあり、電気自動車ばかりがエコロジー車ではありません。

ガソリンエンジンでもスカイアクティブなどのディーゼルの研究を続けているマツダのような企業もありますし、エンジン一つとっても電気動力の自動車一辺倒という感じにはならないと思います。一時的なものかもしれませんが、最近はガソリン価格も低下していますし、枯渇する可能性も数十年はないようなので、少なくとも今後10年程度は自動車の方向性もバラエティに富んでいたほうが面白いと感じます。
(さらに…)

意外な自動車部品が壊れていた

87年式の中古のベンツW124に乗っていたのですが、どうにも足回りがしっくりこず、「ドイツ車とはいってもこんなものか」と思っていました。ところが、思い切って足回りを一新してみたところ、急にコーナリングがスムーズになりました。

なんでも、サスペンションのアーム連結部分にグリスが使われており、何年もメンテしないと劣化して新車のようには動かなくなるそうなのです。走行距離はそれほど多くなかったのですが、グリスが硬くなってきて動きが悪くなっていたようです。

なので、ジョイント部を交換したら劇的な効果を体験したというわけです。

交換にかかった費用は全部で4万円くらいでした。サスペンションは年式が新しくなるにつれていろいろと更新されているようなのですが、ロアアームのジョイント部分はそうそう構造が変わる部分ではないので、パーツは1つあたり5000円くらいで入手できるようです。工賃は2万円くらいだったので、総額4万円で済んだというわけです。
スズキスイフトの値引き交渉はもう古い!素人でもできる限界交渉術

Powered by WordPress | best wordpress themes | Thanks to New WordPress Themes, WordPress Themes Directory and Themes Directory